ホルモン補充療法に初めての指針

日本産婦人科学会日本更年期医学会は共同で、女性の更年期症状を改善するための「ホルモン補充療法」の指針をまとめた。冊子にして来年から医師などに配布する。

同治療法は米国で乳がんの発症リスクが高まるとの報告があったが、両学会で検証した結果、投与法次第でリスクより症状緩和の利点が大きいと判断、治療法の指針を初めてまとめた。

ホルモン補充療法は、閉経に伴って減少するホルモン「エストロゲン」などを薬で補い、ひどいのぼせや不眠、抑うつ症状など更年期症状の改善を目指す。これまでの治療は、乳がん発症リスクが指摘されたことから医師の個人的な技量に任されてきた。(NIKKEI NET)

ホルモン補充療法(HRT)とは
更年期障害の起こる原因は複雑で、エストロゲンの急激な減少をきっかけに、その人を取り巻く環境や気質が絡み合って起こるといわれています。
ホルモン補充療法とは、そのうちのホルモンの不足で起こる症状に対しての治療法です。不足した女性ホルモンを外から補い、ホルモンのバランスを調整することで治そうというものです。
一般的に、のぼせ、発汗、動悸、イライラなど、自律神経失調症、また不眠、うつ状態、尿失禁などの症状に効果があります。

2002年にアメリカで、乳がんなどのリスクが高まるということで知見が中止されるなど情報が混乱したので、日本産婦人科学会など3団体は、これまで次のような見解を提示していました。

  • エストロゲンとプロゲステロンを併用している人は、乳がんの定期健診を行ないながら続行する。
  • 心筋梗塞、狭心症、大腸がんなどの予防のために併用療法を開始するのは、妥当ではないと考えられる。
  • 更年期障害に対しては、メリットのほうが大きいと考えられる。それでも十分に情報交換をし、話し合って治療方針を決定する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。