カテキンの錠剤で大腸ポリープの再発予防効果

緑茶成分のカテキンを含む錠剤を飲み続けると大腸ポリープの再発が抑えられることを、岐阜大医学部の清水雅仁助教や森脇久隆教授らが臨床試験で確かめた。名古屋市で28日から開かれる日本癌学会で発表する。

大腸がんのもとになるポリープの再発予防が緑茶錠剤の臨床試験で実証されたのは初めてという。手軽な緑茶錠剤によるがん予防の可能性をうかがわせる成果といえる。

臨床試験には、岐阜大病院など岐阜県内の4病院が参加した。大腸ポリープを内視鏡で切除した125人のうち60人に緑茶錠剤3錠(計1.5グラム、6杯分)を毎日飲んでもらい、飲まない65人と、1年後に大腸を内視鏡で検査して、ポリープ再発率を比べた。(NIKKEI NET)

大腸ポリープ
大腸の粘膜にできた隆起で、内視鏡検査で組織を採取して検査します。大腸ポリープは良性ですが、大腸がんになる可能性のある線種がポリープの80%を占めています。
ほとんど無症状ですが、便に血がついていたり、下血がみられることもあります。健診の便潜血反応で発見されることが多くあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。