妊婦の喫煙は子供の動脈に損傷の恐れ:オランダ

妊娠中の喫煙により子どもの動脈に損傷が生じる確率が高まり、心臓発作や卒中になりやすくする可能性があると、オランダの研究者らが19日発表した。妊娠中の喫煙についてはこれまでにも、出生時の低体重など幾つかの健康リスクが研究で確認されている。

専門誌「Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology」に発表された研究は、オランダの若年層732人(平均年齢28歳)を対象に実施。うち29%は母親が妊娠中に喫煙していた。

超音波検査で頚動脈の内壁の厚みを測ったところ、喫煙者から生まれた人は3%厚かった。動脈の内壁が厚いのは動脈硬化につながる兆候と指摘されている。(REUTERS)

動脈硬化
本来ならば弾力性に富んだ動脈壁が、硬くなった状態です。進行すると血液の流れが悪くなり、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、大動脈瘤などを引き起こします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。