マイコプラズマ肺炎の患者が増加中:国立感染研

インフルエンザが流行する一方、高熱や激しいせきが長く続く「マイコプラズマ肺炎」にかかる人も増えている。市販薬は効かず、治療が遅れると重症化する恐れもあり、専門家は注意を呼び掛けている。

肺炎マイコプラズマ

国立感染症研究所(東京)によると、定点観測している全国約450の医療機関から報告された患者数は、11月10日から今月7日までに857人で、昨年の同じ時期より96人増えた。

病原体は「肺炎マイコプラズマ」と呼ばれる細菌の一種。気管支で増殖し、炎症を引き起こす。感染すると高熱が出て、乾いた激しいせきが長く続くのが特徴。
せきのしぶきでうつるため、学校や会社などで集団感染するケースが多い。治療が遅れると、体力が弱い幼児や高齢者は死亡する恐れもある。予防には手洗いやうがい、マスクをすることが有効という。(産経ニュース)

マイコプラズマ肺炎とは?
肺炎マイコプラズマという、細菌によく似た微生物病原体の感染によって発病します。患者の咳とともに空気中に飛び散って感染します。症状としては、熱とともに、睡眠に支障をきたすほどの強い咳が長時間続きます。

発熱も一定ではなく、38〜40度くらいまで出ることもあれば、微熱程度とか、あるいはまったく熱が出ないこともあります。また、咽頭炎や気管支炎を併発することもあります。治療にはテトラサイクリン系やマクロライド系の抗生物質の投与が有効です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。