男性社会人の20%が睡眠時無呼吸症候群:京大

男性社会人の約20%が治療を必要とするレベルの睡眠時無呼吸症候群だったことが、京都大学の陳和夫教授(呼吸管理睡眠制御学)らの調査でわかった。なかでもメタボリック症候群の人ほどより重症化する傾向にあった。研究結果は25日、大阪市で開かれる日本睡眠学会で発表される。

睡眠時無呼吸症候群

研究チームは、事務職の男性275人(平均年齢44歳)を対象に、体重や腹囲、血圧、睡眠時に呼吸がとまる回数などを調べた。その結果、58人が無呼吸、もしくは低呼吸が1時間あたり15回以上で、米学会の基準で治療が必要とされる睡眠時無呼吸症候群と判定された。このうち23人が、国の基準でメタボリック症候群に分類された。

メタボリック症候群の17%が、無呼吸と低呼吸が合わせて30回以上の重症患者で、メタボリック症候群でない人(3%)より、かなり高率だった。メタボリック症候群の人に重症患者が多いことについて、陳教授らは、内臓脂肪が腹部にたまることで呼吸が浅くなり、睡眠時無呼吸の症状を悪化させているのではないかとみている。(asahi.com)

睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠中に呼吸が止まり、呼吸が再開しても、また止まるというのを何度も繰り返す病気です。
診断基準は、一晩(7時間以上)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上起こるか、睡眠1時間当たりの無呼吸が5回以上の場合です。

症状としては、いびきや起床時の頭痛、日中の眠気、倦怠感などがみられます。
原因は、軌道が閉鎖して空気の通りが悪くなるためで、鼻やのどの病気を持つ人、肥満の人に起こりやすいものです。肥満体では気道が狭く、睡眠中は、咽頭の筋肉や下が緩んでさらに狭くなるのです。

治療は、生活習慣を変えるだけでも効果がありますが、眠っている間の空気の出入りをよくするシーパップ(CPAP)という専用器具を鼻に装着したり、また気道を広げる手術を行なうこともあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。