カテキンがインフルエンザウイルスの増殖を抑制

徳島文理大学薬学部の葛原隆教授の研究グループが、緑茶の渋み成分のカテキンに、インフルエンザウイルスが増殖するために不可欠なタンパク質の働きを抑える効果があることを突き止めた。新型インフルエンザウイルスの治療薬開発につながると期待される。

葛原教授らは、インフルエンザウイルスから増殖のカギとなる酵素「RNAポリメラーゼ」を抽出。これに代表的な5種類のカテキンを加えて反応を調べたところ、2種類でウイルスの増殖が止まった。この結果を受け、ウイルスの酵素分子と2種類のカテキンの立体構造をコンピューターで解析したところ、カテキンがウイルスの酵素と結合し、人の遺伝子との結合を阻む働きをしていることが明らかになった。

カテキンは腸で分解されるため、緑茶を飲むだけでは効果は期待できない。葛原教授は「カテキンの構造を変え、腸内で分解されないようにすれば効果的な治療薬ができる」と話している。(徳島新聞)

カテキン
お茶の渋みの主成分となっているポリフェノールの一種です。カテキンには現在注目されている抗菌作用のほかにも、食事の際に脂肪の吸収を穏やかにする体脂肪低下作用や、血中コレステロール値の抑制する作用があることが確認されていることから、メタボ世代をターゲットとした健康飲料(ex:ヘルシア緑茶)などに使用されています。

お茶の名産地である静岡県の小学校では、風邪の予防効果も期待できるとして、緑茶を使ったうがいを推奨するところもあります。児童にはお茶を入れた水筒を持参させるだけでなく、蛇口から緑茶が出る給茶機を設置している学校もあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。