痛風リスク26倍の遺伝子を発見:防衛医科大ら

激しい関節痛を伴う生活習慣病、痛風の主要な原因となる遺伝子の変異を、防衛医科大東京薬科大など11機関のチームが突きとめた。患者の8割がこの変異を持ち、ない人に比べて26倍痛風になりやすい変異もあった。個人差に応じた予防や治療法の開発につながるという。4日付の米科学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン電子版に掲載される。

チームが見つけたのは、腎臓や腸管から尿酸を体外へ排出する働きをもつと考えられる「ABCG2」という遺伝子。この遺伝子の配列のうち、尿酸が排出されにくくなる変異を5カ所突きとめた。

痛風患者を含む尿酸値の高い人と正常値の人計1千人以上の男性を対象に、変異の様子を調査。五つの変異のうち重要な変異は2カ所で、患者の8割がどちらかの変異を持っていた。変異の組み合わせによって、尿酸の排出機能が4分の1以下に減る患者が1割おり、全く変異を持たない人よりも26倍痛風になりやすいことも分かった。(asahi.com)

痛風
血液中に尿酸が増す病気で、激しい関節痛が特徴です。患部は赤く腫れ、圧痛もあります。治療せずにそのまま放置していると、心臓や血管障害を引き起こしたり、尿路結石になったりする頻度が非常に高くなります。

治療の目的は疼痛対策ではなく、続発しやすい心臓障害、脳障害、腎臓障害の予防です。痛みが起こるような痛風は、これらの障害のリスクがあるということです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。