腹部大動脈瘤にステント治療:代用血管の筒、開腹せず挿入

腹部大動脈瘤(りゅう)に対して、血管の内側から治療する筒状の器具、ステントが初めて承認され、先月、慈恵医大で治療が行われた。

腹部大動脈瘤は動脈硬化に伴って発生し、直径が4〜5センチを超えると、命にかかわる破裂の危険が高まる。このため大きい場合は、開腹して人工血管を埋め込む手術が行われてきた。国内では年間約1万1000件を数える。

しかし、高齢の患者が多く、全身麻酔で行われる手術は、心臓病や肺気腫(しゅ)など別の病気を持っていると、危険が高い。そのため、欧米では腹部動脈瘤は約10年前から、開腹手術ではなく、ステント治療が広がり、現在、米国では半数を占めている。

足の付け根の動脈から、人工血管の代わりに、金属の網が埋め込まれたポリエステルの筒を挿入して、腹部大動脈に留置する。局所麻酔でも行われる。

先月、日本でも腹部大動脈瘤治療用のステントが承認され、アメリカで経験を積んできた同大血管外科の大木隆生教授が60歳代の男性患者に実施。2日後に退院した。

ステント治療は、東京医大、奈良県立医大、三重大、山口県立総合医療センターでも始まる。

関連記事:ステント挿入による心筋梗塞治療

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。