パソコンで正常眼圧緑内障をチェック

ホームページを使った視野の簡易検査で、7%の人が正常に見えなかったことが、製薬会社ファイザーの調査でわかった。

簡易検査は、眼圧が正常なのに視野が狭まる正常眼圧緑内障の早期発見のため、北沢克明・岐阜大名誉教授(前日本緑内障学会理事長)らの協力で同社が開発した。
パソコン画面に映った円の動き、画面の変化などをとらえ、視野が欠けていないかチェックする。三つの検査があり、左右片方ずつ、測定する。

調査は、40〜60歳代の600人が対象。3種類の検査で、いずれかに視野異常が見られたのは7%。このうち眼科の検査を受けたか、受けようと思っているのは、21%だった。

簡易検査での視野異常がただちに緑内障とは言えないが、国内の40歳以上の28人に1人は正常眼圧緑内障といわれる。

検査のホームページは→こちら
※リンク先の画面右下に表示される「NTG簡易チェック」をクリックしてください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。