出生前親子鑑定に待った:日本産科婦人科学会

日本産科婦人科学会(理事長・武谷雄二東京大教授)は23日までに、赤ちゃんが生まれる前に父親を特定する「出生前親子鑑定」に必要な羊水採取について、裁判所の命令がある場合などを除き実施しないよう、会員の医師に求めることを決めた。

営利目的の親子鑑定への関与を禁じるのが目的で、近く学会の倫理規定(会告)に盛り込む。
同学会などによると昨年、複数の企業が有料での鑑定実施をインターネット上で宣伝していることが確認された。

出生前の親子鑑定は、胎児の細胞を含む羊水を妊婦の子宮内から採取し、DNAを調べて父親を特定する。実施には、羊水採取の経験を持つ産婦人科医の協力が必要になる。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。