ビフィズス菌で血中の尿毒症物質が低下:人工透析患者で確認

森下仁丹は、名古屋大学医学部の丹羽利充准教授と共同で、シームレスカプセルに包んだビフィズス菌を人工透析を行っている患者に与えると、血中の尿毒症物質の濃度が低下することを突き止めた。
尿毒症物質の一つであるインドキシル硫酸が透析合併症に関与していることが判明し、その濃度を低減する研究が進められているが、これに腸で溶けるビフィズス菌を活用できる可能性が出てきたといえそうだ。

ビフィズス菌と尿毒症について

森下仁丹はシームレスカプセル化技術を得意とし、すでに同カプセルを利用した医薬品や健康食品を製造販売している。

今回の研究でナトリウムやカリウム、カルシウムなどの含有量が少ないカプセル皮膜素材を使って、透析している人も使用しやすくした。シームレスカプセルに収めたビフィズス菌を、人工透析を行っている人に与えたところ、血中の尿毒症物質の濃度が低下する結果が得られた。

一般にビフィズス菌製剤を摂取することで便通が改善されることが分かっているが、血中の尿毒症物質の低下が確認されたのは初めて。

名古屋大学と共同で特許出願するとともに、今回の成果をもとに、将来の医薬品の創出をめざし、さらに研究を重ねる方針だ。尿毒症物質の低減に効果のある医薬品は存在するものの、透析中に使用できるものはいまだにないという。(FujiSankei Businessi)

尿毒症とは?
腎不全の最終段階で、腎機能が極めて低下して、排出されるはずの老廃物が体内にたまってしまい、さまざまな全身症状が出現するようになります。放置すると生命の危機に瀕します。

乏尿や無尿、むくみのほかに消化器、神経系、心臓系、視力、皮膚、骨などにさまざまな症状が全身にわたって現れます。1つだけの場合もありますが、複数で現れることもあります。

症状は急速に進行して悪化するので、様子を見る余裕はありません。早急に入院して、安静にしてタンパク質や食塩を控える食事療法をするのと同時に透析療法を開始します。

関連記事:糖尿病+喫煙で糖尿病腎症の危険性が2倍に



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。