低脂肪食中心の食生活で卵巣がんの発生リスクが大幅減

フレッド・ハチソンがん研究所はこのほど、脂肪摂取を減らし、野菜や果物を増やした食事を継続すれば、卵巣がん発生リスクを大幅に抑えられる可能性が高いとの調査結果を米国立がん研究所の機関誌(電子版)に発表した。

食事の脂肪比率と卵巣がんの関係

調査は約5万人の中高年女性が対象。このうち約2万人に対し、食事の脂肪比率をカロリーベースで従来の平均35%から半減するよう指導した上で、その後の卵巣がん発生率を調べた。

指導を受けたグループは食事の脂肪比率を平均24%に削減。4〜8年後の卵巣がん発生率は、従来通りの食事を続けたグループより40%も低下した。一方、乳がんについて以前実施した同様の調査では、低脂肪食を続けても発生率は9%減にとどまった。(YOMIURI ONLINE)

卵巣がんについて
卵巣がんには、最初からがんとして発生する原発性と胃がんや乳がんなどから転移した転移性があります。最も多いのは、卵巣の表面を覆っている上皮細胞から発生する原発性の腺がんで、一般に卵巣がんといえば、これを指します。

卵巣がんは「サイレント・キャンサー」といわれ、初期はほとんど無症状です。
がんが大きくなって初めて、下腹部にしこりができたり、お腹が膨れたり、トイレが近いとか下腹部痛などの自覚症状が出てきます。症状が現れたときには、すでに手遅れというケースも少なくありません。

卵巣がんは、小さいうちに見つけるのはなかなか困難です。異変を早く知るためには、子宮がんの検診の際に、卵巣を詳しく観察することができる経膣エコー(超音波検査)で、卵巣がんの検査をしてもらうことが大切です。

関連記事:コーヒーで膵臓がんのリスクが低下:厚生労働省研究班



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。