子宮内膜症の治療薬「ディナゲスト錠」が承認へ

持田製薬は子宮内膜症の治療薬「ディナゲスト錠」の販売承認を取得した。
従来の治療薬は副作用があるため使用が6カ月までに限られていたが、この薬は使用期限がなく継続的な治療が可能になる。持田製薬は婦人科分野に力を入れており、新薬の投入で事業の拡大を目指す。

ディナゲストについて

ディナゲストは卵巣の働きを抑え、子宮内膜の細胞が過剰に増えるの防ぐ飲み薬。プロゲステロンと呼ぶホルモンの受容体だけに作用するため、副作用が少ない。従来薬は体毛が濃くなったり骨が弱くなったりする副作用があり、長期間の投与ができなかった。(日経産業新聞)

子宮内膜症について
子宮内腔を覆っている子宮内膜、あるいはそれと非常に良く似た組織が、卵巣や卵管など、子宮の内腔以外の場所に発生してしまう病気です。

別の場所に発生した組織は、女性ホルモンの影響を受けて、本来の子宮内膜のように月経のたびに増殖し、剥がれ落ちて出血します。しかし、剥がれ落ちた組織は、月経時と違って膣のような出口がないために、その場でたまってしまうことになります。
やがて、それが周囲の臓器や組織と癒着を起こして、さまざまな症状を引き起こすようになります。

初期は病巣も小さく、痛みなどの自覚症状もほとんどありません。しかし、月経のたびに病巣は少しずつ広がり、月経痛が次第に強くなっていくのが特徴です。病気そのものは生命にかかわるものではありません。

関連記事:子宮内膜症をマウスで発症:治療薬開発の第一歩に



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。