熟睡できないと2型糖尿病のリスク増大:シカゴ大研究チーム

熟睡できない日が続くと2型糖尿病になる危険性が増すことを、米シカゴ大の研究チームが突き止めた。米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。小規模な実験ながら、眠りが浅いと血糖値を正常に保つ機能に悪影響があったという。

睡眠と糖尿病の関係について

感染症などをきっかけに小児期に発症することの多い1型糖尿病とは違い、糖尿病の大部分を占める2型は生活習慣が主な原因とされる。睡眠時間が短い高齢者や、睡眠時無呼吸症候群で眠りの浅い太った人に目立ち、眠りの質との関連が指摘されてきた。

研究チームは今回、20〜31歳の健康な男女9人を対象に、眠りの質と、血糖値を正常に保つインスリンの効きぐあい(耐糖能)の関係を調べた。被験者の脳波を測定しながら、実験室で8時間半ほど眠ってもらった。深い眠りを示す脳波が出始めたら、目覚めるほどの音量ではないものの、深い眠りを妨げる程度の騒音をベッドわきのスピーカーから出した。

3日にわたって実験した結果、被験者の耐糖能が実験前より25%ほど下がり、糖尿病に近い状態になっていた。研究チームは「睡眠時間を長くするとともに、眠りの質をよくすることで、2型糖尿病の予防につながる可能性がある」という。(asahi.com)

糖尿病について
糖尿病には、原因不明でインスリンが全く分泌されない1型糖尿病と、インスリン分泌不全やインスリン抵抗性が原因で起こる2型糖尿病があります。

近年話題となっている「メタボリックシンドローム」で見られる糖尿病はほとんどが2型で、その原因は遺伝、カロリーの多い生活、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣因子によるものです。

2型糖尿病は運動と食事、飲み薬で治療しますが、放置すれば血糖値を十分改善できなくなり、インスリン注射による治療が必要となります。

関連記事:インスリン治療患者の3割「もっと早く治療を始めればよかった」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。