トキソプラズマの増殖ホルモンを特定

寄生虫の「トキソプラズマ」が哺乳類の体内で感染を広げる際に、自分でつくり出すホルモンが重要な役割を果たしていることを大阪大の永宗喜三郎助教授らが突き止め、10日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

トキソプラズマ

このホルモンをつくるのを妨げる薬剤をマウスに投与すると、増殖が抑えられることを確認。永宗助教は「人に応用できれば新たな治療薬開発につながる」としている。

トキソプラズマは猫を主な宿主とし、人に感染しても多くの場合、ほとんど症状は出ない。ただ妊婦では胎児に異常が出たり、抵抗力の弱い人は死ぬこともある。

永宗助教は米ワシントン大チームと、トキソプラズマがつくるホルモン「ABA」の働きを分析。宿主細胞内で寄生虫が増えてホルモン濃度が高まると、細胞外に放出されてほかの細胞に感染を広げることを突き止めた。(shikoku.news)

トキソプラズマ症
トキソプラズマは猫に寄生する原虫で、猫の便中に排泄される嚢子がおもな感染源となります。健康な成人の場合は大部分が感染しても無症状のまま経過して抗体ができます。

しかし、大量に感染するとリンパ節炎や目の病気が起こります。また免疫力が著しく低下していると、髄膜脳炎などを起こすこともあります。妊娠中に感染すると流産を招いたり、胎児が黄疸や貧血、リンパ節炎、小頭症、精神運動障害などを持って生まれてくる確率が高くなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。