胆道がんのリスク、胆石の病歴で2.5倍に:初の大規模調査

胆石を患ったことがある人は、そうでない人に比べて胆道がんになる危険性が2〜3倍に高まることが、厚生労働省の研究班(班長=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査で分かった。

また、胆道がんの一種の肝外胆管がんは、体格指数(BMI)が27以上の人は、23未満の人に比べて1・8倍も発症の恐れが高いなど、太っているほど危険性が高まることも分かった。BMIは体重(キロ・グラム)を身長(メートル)で2回割り算して算出する。

調査は、当初40〜69歳だった秋田、茨城県などの男女10万人を10年以上にわたり追跡調査。この間に235人が胆道がんと診断され、内訳は胆のうがんが93人、肝外胆管がんが142人だった。

こうした患者と、胆石の病歴、肥満などとの関連を調べたところ、胆石の病歴を持つ人は、2・5倍ほど胆道がんになる確率が高く、特に女性では3・2倍高まることが判明。胆のうがんは3・1倍、肝外胆管がんは2・1倍、それぞれ危険性が高まっていた。(YOMIURI ONLINE)

胆道がん
胆汁の通路、すなわち肝臓を出た胆管が、胆嚢を通って十二指腸に至るまでの間に生じるがんです。胆道がんは、がんができる場所によって「胆嚢がん」と「胆管がん」、それに「乳頭部がん」の3種類に泡けることができます。

近年発症数が増加している胆道がんは、消化器系のがんの中で最も治療が困難とされています。その理由は、初期には症状が現れにくく、早期発見が難しいこと、また胆道には大きな血管や重要な臓器が隣接しており、これらにがんが広がると治療が困難なためとみられています。

ある程度の長期生存が期待できるのは、がん病巣が非常に小さい上体で発見されて、それが完全に切除された場合のみです。発症しやすい人は、1.60歳以上の女性 2.胆石のある人 3.胆管と膵管の合流部分に先天的な異常がある人、とされています。

関連記事:がん細胞を狙い撃ちにして胆管がんの進行を抑制

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。