血液凝固阻止剤「ヘパリン」を自主回収:米国の副作用報告を受け

厚生労働省は10日、人工透析などに使われる血液凝固阻止剤「ヘパリン」投与後にアレルギーなど重い副作用が米国で相次いだことを受け、日本国内でヘパリンを製造販売する3社が製品の自主回収を始めたと発表した。

回収対象は扶桑薬品工業テルモ大塚製薬工場の3社が製造販売する17製品。ヘパリンは豚の小腸から取った成分を精製してつくる薬で、国内約27万人の透析患者ほぼ全員が使っている。

米食品医薬品局は2月末、米バクスター社製のヘパリンの副作用報告が昨年末から急増し、21人が死亡したと発表。副作用との因果関係は不明だが、製品の一部からヘパリンに似た異物の混入が確認されたという。

回収対象は、透析患者向けの5割強を占めるため、医療現場の混乱も懸念される。厚労省は「あくまで予防的な措置。他社の製品に替えてほしいが、無理ならば十分に患者に説明して使ってほしい」と話している。(YOMIURI ONLINE)

人工透析(血液浄化療法)について
血液透析(HD)…血液を体外に導き出し、人工腎臓(透析器)を通して浄化してから体内に戻します。血液が半透膜の透析液に接している間に余分な水分や有害物質が除去されて、電解質のバランスがよくなります。1回4〜5時間で、週2〜3回行います。

持続腹膜透析(CAPD)…腹膜が半透膜であることを利用し、腹膜の中に透析液を注入して血液浄化を行います。近年、連続性携帯腹膜灌流という方法が開発され、透析液の入ったバッグを身につけることで、自宅や職場での透析が可能になっています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。