ラット実験で肝硬変の完治に成功:心筋梗塞の治療に応用も

肝臓がんを引き起こす原因となる肝硬変について、ラットを使った実験で完全に治療することに成功したと、札幌医科大学医学部の新津洋司郎教授が31日、米科学誌ネイチャー・バイオテクノロジーの電子版に発表した。

肝硬変は、肝炎などがきっかけで臓器の細胞が硬くなる病気で、進行すると肝臓がんを引き起こす危険性が高いとされている。日本では年間4万人以上が肝硬変による肝臓がんで死亡しているという。

同教授のグループは肝臓が硬くなる原因物質を作り出す細胞に注目。この細胞を破壊する物質をビタミンAなどと組み合わせて作成し、人為的に肝硬変を起こさせたラットのしっぽから静脈注射したところ、ラットは生き延び、肝硬変も完全に治癒したという。

同教授はこの治療法が心筋梗塞などにも応用が可能としており「今後民間企業と共同で臨床試験を繰り返し、5年以内の実用化を目指したい」と話している。(jiji.com)

肝硬変について
肝臓の細胞が破壊されて、肝臓が硬くなる病気です。肝臓への血液の流れが悪くなるため、十分な酸素と栄養が供給されなくなり、肝臓の機能が低下してしまいます。

初期のうちは慢性肝炎と同様に、全身倦怠感や食欲不振が現れる程度で、特別な自覚症状はありません。やがて、手のひらが赤くなる手掌紅班、首筋や胸、肩、腕の付け根にクモ状血管腫という赤い斑点が出ることもあります。

病気が進むと白目が黄色くなる黄疸が現れ、むくみが出たり、腹水がたまっておなかが膨らんだり、手が鳥の羽のように震える「羽ばたき振戦」なども現れてきます。さらに進行すると、食道の静脈が太く変化してできた食道静脈瘤が破裂して生命にかかわる危険な状態になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。