前立腺がんのPSA検診を推奨:泌尿器科学会

前立腺がんに関して、50歳以上の男性にはPSA検診の利益と不利益の情報を提供した上で実施を推奨する指針を日本泌尿器科学会(理事長・奥山明彦阪大教授)が発表した。
海外の最近の研究で、他臓器への転移前に見つける上で有効と確かめられたことを理由に挙げている。指針は自治体に発送した。

PSAは前立腺特異抗原の略だ。血液検査で、ある値以上だとがんなどの可能性が高くなり、精密検査が勧められる。ただ、精密検査で血尿などの心配があるほか、進行が遅い悪性度の低いがんへの過剰治療も指摘されている。

厚生労働省研究班は昨秋、自治体が行う住民検診のような対策型検診として「実施することは勧められない」とする指針案を公表した。死亡率が下がるかどうか「判断する証拠が現状では不十分」との理由だった。

学会は研究班の案に反対を表明。改めて研究論文を分析し、欧米の医師や研究者にも意見を求めていたが、欧州の研究でPSA検診を受けると進行がんが10年で半減したことなどから、検診の利益と不利益の情報を正しく提供した上での実施を「推奨する」と結論づけた。(asahi.com)

前立腺がんについて
前立腺がんは、精液を作っている前立腺の外側に発生するもので、日本でも最近増えているがんの一つです。初期には自覚症状に乏しいため、早期発見の難しいがんですが、治療による延命効果が高いことで知られています。

早期では無症状ですが、進行すると前立腺肥大症と同様に、夜中に何度もトイレに起きたり、排尿の勢いが弱くなったり、排尿そのものに時間がかかるようになります。

前立腺がんは男性ホルモンが症状を悪化させ、女性ホルモンが症状を改善します。そのため、薬や手術によって男性ホルモンの分泌を抑えたり、女性ホルモンを長期間投与します。早期なら、前立腺を摘出する手術によって完治も期待できます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。