中皮腫で死亡した患者の15%は誤診の可能性:知識不足が原因か

アスベスト(石綿)の吸引が発症原因とされるがんの一種「中皮腫」で死亡した全国の患者のうち、約15%は死因が中皮腫でなく誤診だった可能性があることが、岡山労災病院の岸本卓巳副院長らのグループの研究で分かった。

中皮腫は診断が難しい病気とされるが、ほとんどは医師の知識不足が原因。誤診の場合、本来は必要のない劇薬治療や投薬代で患者に大きな負担を強いた可能性がある。国の救済金(弔慰金)支給制度に混乱を与える可能性もあり、診断技術の向上が急務の課題として浮かび上がった。

研究では、平成15〜17年の間、死因が中皮腫となっている全国の死亡届約400人分を再調査。遺族の許可を得てカルテやエックス線の記録を調べたところ、約15%に当たる約60人が検査が不十分なまま中皮腫と診断されていた。
検査のための細胞を採取する個所が不適切だったり、レントゲンを読み間違えるなど、医師の中皮腫に対する知識不足が原因のケースがほとんど。

こうした不十分な検査では、中皮腫と特定することはできず、病名も別のがんで、石綿とは無関係だった可能性があるという。(産経新聞)

胸膜中皮腫について
胸膜に起こるがんで、アスベスト(石綿)を扱う仕事に長年従事した人に発病しやすいといわれていましたが、石綿関連工場の周辺に住んでいた人にも発症したことがわかり、社会問題になっています。

胸膜中皮腫の症状には、息切れや胸痛、疲労感などがみられますが、診断をつけるのは難しく、胸部エックス線検査で胸水と胸膜肥厚がある場合にこの病気を疑います。

正確に診断がつけば、手術で腫瘍と周辺組織を切除します。併せて抗がん剤や放射線療法を行うことがあります。ただ、高齢になってから発症するケースがほとんどで、また、発見されたときはかなり進行していることが多いため、手術が困難なうえ、抗がん剤や放射線治療も、効果はあまり期待できません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。