オーダーメード医療の実現へ向け、日米が共同研究へ

患者一人ひとりの遺伝子レベルの体質に応じて治療するオーダーメード医療の研究を、日米の研究機関が共同で始める。15日、理化学研究所 ゲノム医科学研究センターと、米国立保健研究所(NIH)傘下の研究機関などが合意書に署名した。まず、乳がんの治療や脳梗塞の予防など5件の研究にとりかかる。

日米でトップの研究機関が、こうした共同研究を行うのは初めて。互いの能力や資源を効率的に利用した方が研究に無駄がなく、治療の標準化も図れると判断した。NIHの研究機関は、国立がん研究所など3機関で、これらが関与する薬理遺伝学研究ネットワークも参加する。

ゲノム医科学研究センターとともに国際薬理遺伝学研究連合を創設し、薬の効果や副作用にかかわる体質の研究を急ぎ、臨床への応用を早める。

米国は、オーダーメード医療に積極的で、一部の薬については米食品医薬品局が使用前の遺伝子検査を推奨している。研究には米国の有力大学や有名病院も加わる。(asahi.com)

オーダーメード医療とは
個人によって違う遺伝子情報にもとづいておこなわれる診断・治療のことです。遺伝子情報を調べることで、治療薬の効果や副作用の有無などがあらかじめ分かり、患者個人に最適な治療を行うことができると考えられており、DNA配列の解読技術が進んだことで実現の可能性を帯びてきました。病名が決まるとそれに応じた画一的な治療がなされる「レディーメード医療」に比べコストはかかるものの、副作用が少なく、より確実な効果が期待できるとされています。

すべての病気をオーダーメード医療で治療しようという研究も進んでいます。文部科学省が進めるオーダーメード医療実現化プロジェクトでは、東大医科学研究所のゲノム解析センターが中心となり、世界最速クラスの遺伝子解析装置を使って全国の病院で集めた30万人分の患者の遺伝子を解析しています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。