がんワクチンの臨床試験を拡大へ:東京大医科学研究所病院

東京大医科学研究所病院は5月から、手術や抗がん剤、放射線などの治療が適さない乳がん大腸がんなどの患者約170人を対象に、大規模で本格的な「がんワクチン」による臨床試験を行う方針を決めた。

がんワクチンは、がん細胞特有の目印物質(抗原)を複数注射し、がん細胞を攻撃する免疫力を増強する治療法で、副作用が少ないのが特徴。国内13大学で行われた小規模試験では一部のがん患者でがんの増殖抑制効果が確認されており、成果が注目される。

同病院が臨床試験を行うのは、食道がん、胃がん、膵臓がん、乳がん、肺がん、大腸がんの6種。代表的ながんを対象に網羅的に試験を行うのは国内で初めて。

対象は、ワクチン投与以外に治療法のない患者。例えば、女性ホルモンや「HER2」という遺伝子が病気の進行に深くかかわっている乳がんでは、これらを抑える薬が効果を示しているが、臨床試験の対象は、こうした治療薬の対象とならない患者で、乳がんでは年間4000〜8000人が該当するとみられる。

がんの目印物質(抗原)は、これまで東大医科学研究所のヒトゲノム解析センターが50種類近くを見つけている。今回はそれらの中から10種類を選び、患者には1〜4種類のがん抗原1ミリ・グラムを1週間に2回ずつ計8回注射。がん細胞を攻撃する白血球を活性化して、がん細胞の縮小や再発防止を目指す。(YOMIURI ONLINE)

乳がんについて
乳がんとは乳腺に発生する悪性腫瘍です。
最もかかりやすいのは40〜50歳代の女性で、次いで60歳代、30歳代の順となっています。
詳しい原因は不明ですが、食生活の欧米化、動物性脂肪の取りすぎ、初産年齢の上昇、母乳授乳の減少、独身女性の増加などが関係していると考えられています。
近年、日本でも増加の一途をたどっており、女性のがんの第一位となるものと予想されています。

乳がんの症状と経過
乳房の外側上方にできやすく、初期にはしこりやひきつれができて痛みはありません。
また、乳頭から血液のような、あるいはサラッとした感じの液の分泌が見られる場合もあります。
進行すると、病変部に潰瘍ができ、脇の下や頚部のリンパ節が腫れてきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。