新型インフルエンザに鼻から予防ワクチン

聖マリアンナ医科大学の清野研一郎・准教授らは新型インフルエンザの発生に備え、鼻の粘膜にスプレーで吹き付けて使う予防ワクチンを開発した。実用化できれば注射器が不要になるうえ、様々な系統のウイルスに対しても効果が期待できる。マウスを使った実験で、2系統の鳥インフルエンザウイルスへの感染予防効果を確認した。3―5年以内の臨床応用を目指している。

開発したワクチンは、ベトナムで採取された病原性の強い「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスをもとに作製した。免疫効果を高めるため、「海綿」という海洋生物から発見された化合物を補助剤として加えてある。鼻の粘膜に投与すると、体内の免疫細胞が活性化されて粘膜にウイルスへの抗体ができ、感染を防止する。(NIKKEI NET)

新型インフルエンザについて
新型インフルエンザとは、今までヒトが感染したことのない新しいタイプのインフルエンザのことです。近年、アジアを中心に鳥の間で流行しているのは鳥インフルエンザであり、新型インフルエンザとは異なります。
鳥インフルエンザは、まれにヒトに感染することがありますが、通常ヒトからヒトには感染しません。
これが変化してヒトからヒトに感染する力を持った場合が新型インフルエンザとなります。

新型インフルエンザに対しては、全ての人が抵抗力(免疫)を持っていないため、世界中で同時大流行(パンデミック)し、人命や社会経済活動に多くの被害をもたらすことが心配されています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。