百日ぜきの患者数、過去10年で最高の増加:国立感染症研究所

流行の兆しを見せていた百日ぜきの患者報告数が急増し、今月12〜18日には過去10年間で最多の325人を記録したことが27日、国立感染症研究所のまとめで分かった。20歳以上の成人患者が4割近くを占め、小児中心の流行形態が変化しているのがうかがえる。感染研が、全国の小児科約3000医療機関から受けた定期報告を分析した。

それによると、4月21〜27日に当時で過去最多の218人が報告された。春の大型連休で小康状態になったが今月中旬から急増し325人と記録更新。成人患者は35%の113人に達した。
18日までの累積報告数は2177人で、成人は38%の817人。過去10年の同期比で最多だった00年の累積報告数の1365人を上回る。

現行制度では、成人患者は20歳以上としか報告されない。感染研は成人患者の年齢など発生動向を把握するため、ホームページに専用のデータベースを設置し、医師らに協力を呼びかけている。
感染研の安井良則主任研究官は「成人は重症化せず見過ごされがちだが、子供に感染させ、生命にかかわる事態を招きかねない」と話す。(毎日.jp)

百日ぜき
はじめの症状は微熱や鼻水など、かぜと似ていますが、1〜2週間もすると、百日ぜき特有の発作的なせきをするようになります。続けてせきをしたあと、笛を吹くような音をたてて息を吸い込みます。
せきの終わりには、粘り気のある痰が出ます。せきは1ヶ月以上100日ほど続き、回数の減少とともに回復します。

治療には抗生物質が用いられますが、遅くなるほど効き目は悪くなるので、早期に受診しなければなりません。ジフテリアと破傷風ワクチンをあわせた三種混合ワクチンの予防接種によって発病は激減しました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。